暮らしの情報 10月21日 食べすぎ・肥満は万病の元

過食や運動不足による「肥満」は、がん、脳血管疾患、動脈硬化による心疾患、高血圧、糖尿病など多くの生活習慣病と関連があるため、改善することが大切です。一方、体調不良や不健康なダイエットなどによる「痩せ」は、だるさ、疲れやすさの原因となるだけでなく、女性の場合は無月経を招く恐れがあるともいわれています。

肥満度の判定はBMIが用いられ、男女とも18.5≦BMI<25.0が、普通体重とされています。しかし、BMIは身長と体重から単純計算された値のため、これだけでは筋肉質なのか脂肪過多なのかの区別はつきません。BMIは普通体重でも、筋肉と比べて脂肪が多く、体脂肪率が高い、隠れ肥満となっている場合もあるので注意が必要です。

肥満の予防には、エネルギー量の摂取(食事)と消費(運動)のバランスを改善することが大切です。効果的に摂取量を減らし、消費量を増やすには、運動は欠かせません。運動は、消費エネルギーを増やすとともに、体の筋肉量を増やす効果があります。同じ体重でも筋肉量が多い方が、基礎代謝は高くなり、消費エネルギーも大きくなるため太りにくくなります。

体には体温調節機能があり、エネルギーを放出して、暑さ寒さなどの温度変化に備えます。気温が下がる冬は基礎代謝が上がるので、体を動かしやすい今の時期から運動をして筋肉量を増やせば、冬太りを予防できるだけでなく、寒さに対応しやすくなるはずです。

毎日を楽しく健康に過ごすためにも、太りすぎや、やせすぎではない適正な体重の維持を心がけましょう。

 

 

暮らしの情報 10月7日 風邪をひかない生活習慣

気温が下がり、空気が乾燥してくると、くしゃみや鼻水、咳などの症状が見られる風邪をひく人が増え始めます。風邪の多くはウイルス感染によって人から人へとうつります。風邪をひきおこすウイルスは200種類以上もあり、感染するウイルスの種類や型が異なるたびに風邪をひくことも少なくありません。風邪予防にはウイルスにさらされないこと、ウイルスに負けない抵抗力をつけることが大切です。

感染ルートには、ウイルスの付着した手を介して、口や鼻の粘膜から感染する「接触感染」、風邪をひいた人の咳やくしゃみによってウイルスを含んだ小粒子(飛沫)が飛び散り、それを吸い込むことによる「飛沫感染」、さらに咳やくしゃみの飛沫の水分が蒸発して空気中に浮遊したウイルスを吸い込むことによる「空気感染」があります。

また、同じ環境で過ごしていても、体力や抵抗力が低下している人はウイルスに感染しやすくなります。風邪に負けない身体づくりのために、次のことを実践しましょう。

  • しっかり睡眠をとる…睡眠は体力や身体の機能回復に欠かせません。
  • 十分に栄養をとり、適度に運動する…免疫力を高めるためには十分な栄養が必要です。また、適度な運動は風邪に負けない体力づくりや、免疫力の向上に役立ちます。
  • なるべく薄着を心がける…厚着は気温の変化に身体が順応する力を弱めて、抵抗力の低下につながります。

 

もし風邪をひいてしまったら、下記の事柄に気を付けて生活しましょう。

  • まず、十分な休養と睡眠をとりましょう。
  • ウイルスにより胃腸が弱っている時は、おかゆなど温かく消化が良いものを食べましょう。
  • 発熱や炎症があると体内の水分を消耗します。水分補給を十分に行いましょう。
  • 体力も消耗しやすいため、たんぱく質や糖質などでエネルギー補給をしましょう。

 

9月24日 絵手紙のご紹介

爽やかな秋風を感じる頃となり、しのぎ良い日が多くなりました。
さて、今回は他利用者様からも大変ご好評のあるアキューネットあつた利用者の長谷川画伯様からの素敵な絵手紙が届きましたのでご紹介したいと思います。
秋と言えば、「食欲の秋」、「実りの秋」ということで、そんな言葉にぴったりの絵手紙です。さっそく食べたくなってきました。

一方で、「秋バテ」という言葉もあり、季節の変わり目に急に気温差が激しくなり、身体が対応しきれず調子を崩してしまうこともあるようです。

秋バテで食欲がないときは、温かくて消化に良い旬の食べ物で胃腸をいたわってあげると良いみたいですね。

皆様お元気にさわやかな秋を満喫していきましょう。

長谷川画伯、いつも素敵なイラストをありがとうございます。これからもスタッフ一同、楽しみにしております。

暮らしの情報 9月23日 コレステロールが気になったら

私たちの血液中に含まれる脂質には、コレステロールや中性脂肪が存在します。
「コレステロール」や「中性脂肪」と聞くと、“健康によくない”というイメージを持ってしまいがちですが、中性脂肪は体を動かすための貯蔵用のエネルギー源となり、コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁酸のもとになる体に必要不可欠なものです。

大切な働きをするこれらの脂質ですが、LDLコレステロール(悪玉)や中性脂肪が増えすぎたり、HDLコレステロール(善玉)が少なすぎたりすると、「脂質異常症」につながります。
脂質異常症になっても自覚症状はありません。気づかないまま放置すると動脈硬化(血管が弾力を失い、もろくなる状態)を促進し、命に関わる脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高まります。
そこで、健診を受けて脂質の異常を早期発見することが大切になります。

LDLコレステロール(悪玉)が高めの人は、特に食事に気をつけることが大切です。
LDLコレステロール(悪玉)を増やす作用のある肉の脂身やバター、生クリームなど「動物性の脂肪」を控え、LDLコレステロール(悪玉)を減らす作用のあるオリーブオイルやなたね油などの「植物性の脂」、アジやイワシなどの「魚類の脂」といった良質の脂をとりましょう。
また、鶏卵や魚卵、レバーなど「コレステロールの多い食品」を減らすとともに、緑黄色野菜や海草類、きのこ類などコレステロールの吸収を抑える働きがある「食物繊維」を多くとりましょう。

中性脂肪が高めの人は、腹八分目を心がけ、特に清涼飲料水や菓子類などの糖分やアルコールを控えめにしましょう。
さらに、HDLコレステロール(善玉)を増やし、中性脂肪を減らすために有効なのが「運動」です。少し息が弾む程度のウオーキングや軽いジョギング、サイクリング、水泳などの有酸素運動が効果的です。運動する時間がとれない人は、「エレベーターではなく階段を利用する」「通勤時に1駅分歩く」「ランチや買い物は少し遠くのお店まで歩く」など、日常生活の中で体を動かす習慣を身につけましょう。また、喫煙はHDLコレステロール(善玉)を低下させるため、喫煙している人は禁煙に取り組みましょう。

 

暮らしの情報 9月9日 血糖値が気になったら

「血糖」とは血液中に含まれるブドウ糖のことで、「血糖値」はその濃度です。食事でとった炭水化物などの糖質は、ブドウ糖に分解・吸収されて血液中に入り、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きにより全身の細胞に取り込まれ、エネルギー源として利用されます。
健康な人は、食事をとるとすぐにインスリンが分泌されて血糖が全身の細胞に取り込まれるため、血糖値はゆるやかに上昇して徐々に下降します。しかし、インスリンの量が少なくなったり、働きが悪くなったりすると血糖をうまく細胞内へ取り込むことができず、血糖値が高い状態が続く「高血糖」になります。

血糖値がかなり高い状態になると糖尿病の症状が現れる場合があります。下記のような症状に気づいた場合は糖尿病を疑い、すぐに医療機関を受診することが大切です。

・のどが渇く、水をよく飲む
・尿の回数が増える、夜中に何度もトイレに行く
・食べていても体重が減る
・疲れやすい、体がだるい

血糖値が高めの人は、「急激な血糖値の上昇」を防ぐ食事・運動習慣を身につけることが大切です。食事では、糖質のとり過ぎに注意するとともに、食べる順番を変えることも意識しましょう。

・栄養バランスのよい食事をする
・お菓子や甘い飲み物などの間食を控える
・野菜→たんぱく質→炭水化物 の順に食べる
・食後に軽い運動をする

 

暮らしの情報 8月19日 夏バテの原因とその症状

暑い日が続く夏になると、疲れが抜けにくい、食欲がわかなくなることはありませんか。これといった病気ではないのに身体の不調が続いてしまう……これはいわゆる「夏バテ」の状態です。暑さが元となる夏バテの主な原因は次のとおりです。

・体内の水分・ミネラル不足…脱水症状
・暑さによる食欲の低下…栄養不足
・暑さとエアコンによる冷えの繰り返し…自律神経の乱れ

暑さはまだまだ続きます。下記の夏バテ対策をしっかり行って、暑い夏を乗り切りましょう。

1. こまめに水分補給をする
普通の生活においても毎日2.5Lの水分が身体から失われています。この時期は熱中症予防のためにも、水やお茶をこまめに飲みましょう。

2. 温度差や体の冷やし過ぎに注意する
外気温との温度差や体の冷やし過ぎは自律神経の乱れを招きます。エアコンの風が直接当たらないようにして、寒さを感じたら衣類やひざかけ等で調節しましょう。

3. 睡眠をしっかりとる
暑さによる疲労回復や、自律神経を整えて体調不良を改善するために睡眠は欠かせません。

4. 1日3食、いつも以上に栄養バランスを心がける
暑さで疲れやすく、汗でミネラルを失いがちな体はたっぷりの栄養が必要です。少量でも多くの品目を食べられるよう、食事の内容に気を配りましょう。

 

 

暮らしの情報 8月5日 知って守ろう!心筋梗塞

心臓は「心筋」と呼ばれる筋肉でできており、心筋に酸素や栄養を運ぶ太い動脈を「冠動脈」といいます。
冠動脈の内部が、動脈硬化(血管が弾力を失い、もろくなる状態)などの影響で狭くなったり塞がったりしてしまうと、心筋に酸素や栄養が届かなくなり、狭心症や心筋梗塞といった心臓病を引き起こします。
冠動脈の内腔が狭くなり、血流が流れにくくなった状態が「狭心症」。そして、狭くなった冠動脈の動脈硬化がさらに進み、血栓によって血流が途絶えてしまうのが「心筋梗塞」です。

喫煙習慣や肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、心筋梗塞の危険因子として知られています。該当する人は、こまめな水分摂取はもちろん、下表を参考に、できることから生活習慣の改善を始めてみましょう。

  • 喫煙者は禁煙する
  • 塩分、糖分、脂肪分を控えめに
  • バランスのよい食事をとる
  • 適度な運動(しっかり歩く)
  • ストレスを避けたり上手に解消し、規則正しい生活を
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満などの生活習慣病の早期発見を心がけて定期的な健康診断の受診を

時に命にかかわる心筋梗塞は、症状に早めに気づいて対応することが何より大切です。
心筋梗塞は冬季に多く発症する傾向があることが知られていますが、連日厳しい暑さが続くこの時季にも油断は大敵。暑さでたくさん汗をかくと、体内は水分不足となり、血液が濃縮されて血栓がつくられやすい状態になり、特に高血圧や糖尿病、メタボリックシンドロームなど動脈硬化のリスクが高い人では、心筋梗塞につながることがあるのです。

8月10日は、暑い夏の一日が「こころとからだの休日」となるよう願って制定された「健康ハート(810)の日」。暑さが心臓への負担をまねくこの季節こそ、「ハート(心臓)」の健康を振り返る機会にしてみましょう。

 

 

7月27日 絵手紙のご紹介

まだ梅雨も明けないじめっとした日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は他利用者様からも大変ご好評のあるアキューネットあつた利用者の長谷川画伯様からの素敵な絵手紙が届きましたのでご紹介したいと思います。
長谷川様は体調を壊し、入院し、退院した際に、体調に気をつけて仕事を頑張ってとの思いを込めて、お礼にバナナの絵手紙を看護師さんに渡されたそうです。

これから暑い夏が始まります。皆様、夏バテをしない様に体調管理をしましょう。
また、ソーシャルディスタンスで夏を楽しみましょう。

長谷川画伯様、今回も素敵な絵手紙をありがとうございました。

 

暮らしの情報 7月22日 冷えによる体調不良から身を守ろう

冷え症は寒い時期の代表的な症状ですが、夏場では服装や食事が「冷え」に対して無防備になりがちで、低めの温度のエアコンや冷たい飲み物、食べ物などにより、体温の低下や血行不良を起こす人が多く見られます。

梅雨明け後、本格的な夏に入ると、体に疲れが溜まりやすくなるうえ、昼夜の気温変化も激しくなります。季節の変わり目には、しっかりとした体調管理をしないと「冷え」による思いがけない体調不良につながります。
エアコンを長時間使用していると、自律神経系の交感神経が働き、体温を体の中から逃がさないように血管が収縮します。このため血流は悪化して、冷え症を起こすのです。また、自律神経の乱れは、他にも基礎代謝や新陳代謝を低下させてしまいます。

冷えから身を守るためには、体を温め、血行を改善することが大切です。下記のポイントを参考にして、健康維持に努めましょう。

  1. 首、手、足から冷えるので、その部分の保温をしっかりとしましょう。
  2. いつまでも夏用の寝具・パジャマは使わないように注意しましょう。
  3. エアコンの使用は暑い日だけにして、設定温度も高めにしましょう。(外気との温度差は5度以内に)
  4. ウオーキングやストレッチなど軽い運動を心がけましょう。
  5. 38~40度くらいのぬるめの湯でゆっくりと半身浴をして、体の芯から温めましょう。
  6. 十分な睡眠をとりましょう。

 

 

暮らしの情報 7月8日 旨みや風味を味わって、塩分カット

塩分を摂りすぎると、私たちの体は体内の塩分濃度を一定に保とうとして血液中に水分をとり込み、血液量を増やします。すると心臓はより多くの血液を送り出すことになり、血管壁にかかる圧力が上昇し、血圧が高くなってしまいます。血圧が高い状態が続くと血管や心臓にかかる負担が大きくなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化のリスクも高めてしまいます。

減塩の大切さはわかっていても、「減塩食はおいしくない」「長続きしない」という人もいるかもしれません。しかし、ちょっとした工夫で塩分をカットすることができます。

  1. 新鮮な食材を用いる(食材の持ち味で薄味の調理)
  2. 香辛料、香味野菜や果物を利用する(コショウ、七味、ショウガ、柑橘類の味を組み合わせる)
  3. 低塩の調味料を使う(酢・ケチャップ・マヨネーズ・ドレッシングを上手に使う)
  4. 具だくさんの味噌汁とする(同じ味付けでも減塩できる)
  5. 外食や加工食品を控える(目に見えない食塩が隠れている)
  6. つけものは控える(浅づけにして、できれば少量に)
  7. むやみに調味料を使わない(味付けを確かめて使う)
  8. めん類の汁は残す(全部残せば2~3g減塩できる)

 

以上を踏まえ、自炊をする際は、新鮮な食材の持ち味を活かし、むやみに調味料を使わないようにしましょう。調味料を減塩タイプのものに切り替えてみる方法もあります。
また、外食の際は、どうしても味付けが濃くなりがちなので、食べるときに追加でしょうゆやソースをかけることは避けましょう。さらにめん類を食べる際は、必ずスープは残すように心がけましょう。