暮らしの情報 9月9日 血糖値が気になったら

「血糖」とは血液中に含まれるブドウ糖のことで、「血糖値」はその濃度です。食事でとった炭水化物などの糖質は、ブドウ糖に分解・吸収されて血液中に入り、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きにより全身の細胞に取り込まれ、エネルギー源として利用されます。
健康な人は、食事をとるとすぐにインスリンが分泌されて血糖が全身の細胞に取り込まれるため、血糖値はゆるやかに上昇して徐々に下降します。しかし、インスリンの量が少なくなったり、働きが悪くなったりすると血糖をうまく細胞内へ取り込むことができず、血糖値が高い状態が続く「高血糖」になります。

血糖値がかなり高い状態になると糖尿病の症状が現れる場合があります。下記のような症状に気づいた場合は糖尿病を疑い、すぐに医療機関を受診することが大切です。

・のどが渇く、水をよく飲む
・尿の回数が増える、夜中に何度もトイレに行く
・食べていても体重が減る
・疲れやすい、体がだるい

血糖値が高めの人は、「急激な血糖値の上昇」を防ぐ食事・運動習慣を身につけることが大切です。食事では、糖質のとり過ぎに注意するとともに、食べる順番を変えることも意識しましょう。

・栄養バランスのよい食事をする
・お菓子や甘い飲み物などの間食を控える
・野菜→たんぱく質→炭水化物 の順に食べる
・食後に軽い運動をする

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です