7月27日 絵手紙のご紹介

まだ梅雨も明けないじめっとした日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は他利用者様からも大変ご好評のあるアキューネットあつた利用者の長谷川画伯様からの素敵な絵手紙が届きましたのでご紹介したいと思います。
長谷川様は体調を壊し、入院し、退院した際に、体調に気をつけて仕事を頑張ってとの思いを込めて、お礼にバナナの絵手紙を看護師さんに渡されたそうです。

これから暑い夏が始まります。皆様、夏バテをしない様に体調管理をしましょう。
また、ソーシャルディスタンスで夏を楽しみましょう。

長谷川画伯様、今回も素敵な絵手紙をありがとうございました。

 

暮らしの情報 7月22日 冷えによる体調不良から身を守ろう

冷え症は寒い時期の代表的な症状ですが、夏場では服装や食事が「冷え」に対して無防備になりがちで、低めの温度のエアコンや冷たい飲み物、食べ物などにより、体温の低下や血行不良を起こす人が多く見られます。

梅雨明け後、本格的な夏に入ると、体に疲れが溜まりやすくなるうえ、昼夜の気温変化も激しくなります。季節の変わり目には、しっかりとした体調管理をしないと「冷え」による思いがけない体調不良につながります。
エアコンを長時間使用していると、自律神経系の交感神経が働き、体温を体の中から逃がさないように血管が収縮します。このため血流は悪化して、冷え症を起こすのです。また、自律神経の乱れは、他にも基礎代謝や新陳代謝を低下させてしまいます。

冷えから身を守るためには、体を温め、血行を改善することが大切です。下記のポイントを参考にして、健康維持に努めましょう。

  1. 首、手、足から冷えるので、その部分の保温をしっかりとしましょう。
  2. いつまでも夏用の寝具・パジャマは使わないように注意しましょう。
  3. エアコンの使用は暑い日だけにして、設定温度も高めにしましょう。(外気との温度差は5度以内に)
  4. ウオーキングやストレッチなど軽い運動を心がけましょう。
  5. 38~40度くらいのぬるめの湯でゆっくりと半身浴をして、体の芯から温めましょう。
  6. 十分な睡眠をとりましょう。

 

 

暮らしの情報 7月8日 旨みや風味を味わって、塩分カット

塩分を摂りすぎると、私たちの体は体内の塩分濃度を一定に保とうとして血液中に水分をとり込み、血液量を増やします。すると心臓はより多くの血液を送り出すことになり、血管壁にかかる圧力が上昇し、血圧が高くなってしまいます。血圧が高い状態が続くと血管や心臓にかかる負担が大きくなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化のリスクも高めてしまいます。

減塩の大切さはわかっていても、「減塩食はおいしくない」「長続きしない」という人もいるかもしれません。しかし、ちょっとした工夫で塩分をカットすることができます。

  1. 新鮮な食材を用いる(食材の持ち味で薄味の調理)
  2. 香辛料、香味野菜や果物を利用する(コショウ、七味、ショウガ、柑橘類の味を組み合わせる)
  3. 低塩の調味料を使う(酢・ケチャップ・マヨネーズ・ドレッシングを上手に使う)
  4. 具だくさんの味噌汁とする(同じ味付けでも減塩できる)
  5. 外食や加工食品を控える(目に見えない食塩が隠れている)
  6. つけものは控える(浅づけにして、できれば少量に)
  7. むやみに調味料を使わない(味付けを確かめて使う)
  8. めん類の汁は残す(全部残せば2~3g減塩できる)

 

以上を踏まえ、自炊をする際は、新鮮な食材の持ち味を活かし、むやみに調味料を使わないようにしましょう。調味料を減塩タイプのものに切り替えてみる方法もあります。
また、外食の際は、どうしても味付けが濃くなりがちなので、食べるときに追加でしょうゆやソースをかけることは避けましょう。さらにめん類を食べる際は、必ずスープは残すように心がけましょう。