暮らしの情報 5月27日 熱中症予防

私たちの体は、生命の維持に最適な体温を保つため、熱を作り出したり、汗をかいたり、皮膚から熱を逃がすことで、体温の調節を行っています。ところが、気温が高いことで、身体の中の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れて、体の調整機能が正常に働かなくなります。そのため、体内に熱がこもり、体温が異常に上昇するために、頭痛や吐き気等の熱中症症状が発生するのです。

特に以下の状態は熱中症になりやすいため注意です。

・高温(30度以上になると特に危険)多湿、通気が悪い
・体調が良くない、睡眠不足の時
・急に暑くなった日
・水分をまめに取っていない
・炎天下で運動している時 等

 

下記の事柄に気を付けて、今からしっかり熱中症予防をしましょう。

・室内環境を整えましょう
扇風機やエアコンを使った温度調整、こまめな換気、室温の確認、遮光カーテン・すだれ等で室温を下げる工夫を

・体に優しさを
ミネラルを含んだ麦茶などで水分補給、十分な休息、こまめな体温測定(特に体温調整が十分でない高齢者や子供)、保冷剤・氷・冷たいタオル等による体の冷却(首筋や脇の下)

・外出時の対策を忘れずに
日傘や帽子の着用、日陰の利用とこまめな休憩(水分補給)、通気性が良く吸湿・速乾性のある衣服の着用

 

5月19日 絵手紙のご紹介

若葉が初夏の日ざしにまぶしくかがやく季節となりました。
今回は、アキューネットあつたの利用者の長谷川画伯様からの素敵な絵手紙のご紹介です。

「アマビエ」という妖怪はすでにご存じの方も多いでしょうか?
「アマビエ」とは、くちばしのような口に、ウロコに覆われた体、足は3本…豊作や疫病などを予言するという半人半魚の妖怪だそうです。
『流行り病がでたら対策のためにわたしの姿を描いて人々にみせるように』と言ったという記録が残っており、新型コロナウイルスの感染収束を願った人たちが、SNSで3月頃から「アマビエ」のイラストが拡散し始め話題になりました。

長谷川画伯からも、味のある「アマビエ」のイラストを頂き、事務所の玄関にありがたく飾らせていただいております。
また季節を感じさせるイラストも頂き、さわやかな気持ちにさせてもらいました。
長谷川画伯、いつも素敵なイラストをありがとうございます。これからもスタッフ一同、楽しみにしております。

 

 

暮らしの情報 5月13日 未然に防ぐ5月病対策

新年度を迎え、新社会人をはじめ転職や異動など新しい環境で仕事を始める人も多いことでしょう。心機一転、「よし、頑張るぞ!」とエネルギーが湧いてくるものです。しかし、ゴールデンウィークを過ぎてひと段落する頃から、にわかに「やる気が出ない」「ふさぎこむ」という症状が現れる人がいます。俗にいう「5月病」です。

研修を経て5月から実際に仕事を始めるという新社会人の場合、これらの症状が6月に見られるため、「6月病」とも呼ばれます。5月病、6月病のいずれにしても、環境の変化に伴う心身の負担、ストレスが主な原因です。

5月病には以下のような症状が見られます。

・やる気が起きない
・体がだるい
・思考力、集中力の低下
・ネガティブ思考になる
・頭痛、腹痛
・食欲低下

 

「5月病」の多くは一過性の症状であり、適度な休息などで改善されることがほとんどです。ただし、会社や仕事が苦痛に感じるなど、仕事に支障が出るような重症の場合は早めに医療機関を受診しましょう。

※「5月病」は正式な医学用語ではありません。医療機関では「適応障害」「軽度のうつ」といった診断名がつけられることもあります。