暮らしの情報 3月11日 目をいたわる生活を

近年、パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見続けて、目の疲れを感じる人が多くなってきています。また加齢とともに白内障や緑内障、加齢黄斑変性などの目の病気にかかる人も増えています。

疲れ目は、主に「目の使いすぎ」がきっかけになって起こります。次のような症状が現れたら、目の使いすぎかもしれません。

・目が疲れていると感じる
・目が乾いていると感じる
・目やにが出る
・目がかすむ
・視力が低下してきた
・ものが見えにくくなってきた
・肩がこりやすい

下記の事柄を心がけて、日常生活での目の疲れを抑えましょう。

1. 目を休ませる
・モニターを見ながらの作業や読書などを1時間続けたら10分間休憩する
・まばたきをゆっくりと繰り返して目のストレッチを行ったりする

2. 目にやさしい食事をとる
・バランスのよい食生活を心がける
・目の健康維持に必要とされる栄養素を含む食材をしっかりとる

3. 眼科検診を受ける
・目の健康状態をチェックするために、眼科で定期的に検診を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です