タイトル:暮らしの情報 10月23日 冬の食中毒

冬場に多く発生するものは「ウイルス性食中毒」です。代表的なものがノロウイルスで、年間を通してみると食中毒にかかった患者数が最も多いのがノロウイルスによるものです。
ノロウイルスの主な原因食品は牡蠣、アサリ、シジミなどの二枚貝ですが、ウイルス性食中毒の感染は食品からだけでなく、ヒトや食器などからも経由して拡がります。少量でもウイルスが体内に入ると腸内で増殖して、吐き気やおう吐、下痢、腹痛などを引き起こします。幼児や高齢者、病気治療中の人は、症状が重くなる場合もあります。

 

ノロウイルスから身を守るために、日常生活で次の点に注意しましょう。

  • 帰宅直後、調理の前後、食事の前、トイレの後などこまめに石けんを使って、指の間、爪の内側までていねいに手洗いをしましょう。
  • 魚介類を調理するときなど、「生食用」と表示のないものは中心部分を1分間85度以上で加熱しましょう。
  • まな板やふきんなど台所の調理器具は水で薄めた家庭用塩素系漂白剤で消毒しましょう。その際、表示されている使用方法を確認しましょう。
  • 体調不良になるとウイルスに対する抵抗力が低下するので、普段から適度な運動を行い、栄養や睡眠などを十分にとって体調を管理しましょう。

 

周りの人がノロウイルスによる食中毒に感染していることが疑われる場合、次の点に気をつけて対処しましょう。

  •  便や吐いたものを片付けるときは、使い捨ての手袋やマスク、ペーパータオルを利用し、処理後はビニール袋に密封し、家庭用の塩素系漂白剤など消毒液を加えて捨ててください。
  • 汚れた床や家具、衣類、調理器具、食器などは水で薄めた家庭用塩素系漂白剤で消毒しましょう。その際、表示されている使用方法を確認しましょう。
  • 処理後は自分の手をていねいに洗いましょう。

 

暮らしの情報 10月9日 免疫力を上げてインフルエンザ対策

まだまだ暑い日が続いているのに、インフルエンザ!と思われるかもしれませんね。たしかにインフルエンザの発生そのものは、例年12月から3月頃に流行しますが、予防のためのワクチン接種の効果があらわれるまで、接種後2週間程度かかります。そう考えると10月は、「インフルエンザ対策」を始める時期なのです。

 

生活習慣を見直してみましょう。1つでも当てはまる方は、免疫力が低下しやすく、ウイルスに感染する恐れがあります。

□朝食を食べていない
□野菜類を食べていない
□偏食がある
□睡眠不足である
□ストレスが溜まっている
□あまり運動をしない
□最近、大笑いをしていない
□タバコを吸っている
□口内炎や口唇ヘルペスを繰り返して発症している

 

下記の習慣を心がけて、しっかりインフルエンザ対策をしましょう。

・手洗い・うがいをしましょう。手洗いは石鹸を使って15秒以上、流水で念入りに洗いましょう。
・清潔な手で口・鼻・目を触るようにしましょう。ウィルスが付着した物に触れた手などから感染することがあります。
・体調があまり良くないときなどは、人ごみをなるべく避けましょう。
・インフルエンザにかかったら、なるべく外出は控えましょう。熱が下がっても発症から7日間ぐらいは、周囲に感染する可能性があります。
・咳エチケットで、飛沫の拡散防止。マスクを忘れずにしましょう。
・咳やくしゃみの際は、他の人から顔を背け、1~2m以上は離れましょう。

 

10月1日 絵手紙のご紹介

今回は、アキューネットあつたの利用者の長谷川画伯様からの素敵な絵手紙です。
以前よりブログでご紹介させていただいておりましたが、しばらく入院されていたため、久しぶりのご紹介となります。
長谷川画伯様がお元気になられて、またこのように素敵な絵手紙をいただくことができて、スタッフ一同とても嬉しく思っております。
涼しくなってきますので、風邪をひかないよう栄養をしっかりとって、これからも体調がよく過ごせるように頑張っていきましょうね。
長谷川画伯様、今回も素敵な絵手紙をありがとうございました。