暮らしの情報 6月19日 食中毒を遠ざける秘訣

食中毒は、1年を通じて発生し、「細菌」「ウイルス」「自然毒」などがその原因となっています。きのこやふぐなどの自然毒による食中毒などもありますが、高温多湿となる梅雨の時期から残暑の頃にかけては、細菌の増殖が活発になるため、細菌による食中毒が発生しやすくなります。
食中毒は、アウトドアだけでなく家庭でも発生します。食中毒を防ぐ基本は、原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」ことです。

■細菌性食中毒の予防のポイント
• 細菌が増殖しないよう低温保存(10℃以下)に努める。
• 抵抗力の弱い、乳幼児やお年寄りなどは特に注意する。
• 食材にさわる前、さわった後は手をよく洗う。
• 包丁やまな板などは食品によって使い分け、清潔に使う。

■バーベキューなどで生肉、生レバー、生魚介類中毒予防のポイント
• 食肉や生魚を加熱不十分な状態で食べない。生野菜などにはくっつけない。
• 細菌・ウイルス・寄生虫は加熱により死滅します。食肉や内臓などは、中心部まで十分に加熱する。
• 生ものを扱ったトング、箸などは、焼き上がった肉やサラダなどを食べるときは使わない。

細菌が付着した食べ物を食べても、食中毒になる人とならない人がいます。これは、免疫機能の違いによるものです。人は、悪影響を及ぼす菌などを撃退する免疫力を備えており、乳幼児やお年寄りなど免疫力が弱い人やお腹の調子が悪い人は、中毒を起こしやすくなります。日頃から免疫力を強くすることも大事な予防法の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です