暮らしの情報 5月23日 たばこと健康

PM2.5の微粒子はたばこの煙にも多く含まれていることをご存知でしょうか?
たばこの煙に含まれるPM2.5は、ニコチンやタールなど、200種類以上の有害物質が含まれていて、大気中のPM2.5よりも毒性が強いといわれています。

たばこの煙は、肺がんをはじめとする多くのがんや、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、脳卒中、冠動脈(心臓)疾患、歯周病、胃潰瘍など、さまざまな病気を引き起こします。そのリスクは喫煙者のみならず、周りにいる人(受動喫煙)にも及びます。
毎年5月31日はWHO(世界保健機関)が定める「世界禁煙デー」です。自分自身や、身近な大切な人の健康を守るために、世界禁煙デーをきっかけに禁煙をはじめましょう。

禁煙を成功させるために、あらかじめ「動機(禁煙しようと思った理由)」を挙げておきましょう。
例えば
・自分と家族の健康を守りたい
・たばこ代を節約したい
・息切れせずに階段を上りたい
・タバコ臭さをなくしたい など

「イライラする」「たばこが吸いたい」といった離脱症状は禁煙開始後2~3日でピークを迎えます。その後、症状は緩やかに10~14日ごろまで続きます。
「たばこが吸いたい!」という気持ちが出た時の対処を覚えておきましょう。
例えば
・顔を洗う
・歯磨きをする
・軽い運動をする
・歌を唄う
・深呼吸をする
・水やお茶を飲む など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です