暮らしの情報 5月23日 たばこと健康

PM2.5の微粒子はたばこの煙にも多く含まれていることをご存知でしょうか?
たばこの煙に含まれるPM2.5は、ニコチンやタールなど、200種類以上の有害物質が含まれていて、大気中のPM2.5よりも毒性が強いといわれています。

たばこの煙は、肺がんをはじめとする多くのがんや、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、脳卒中、冠動脈(心臓)疾患、歯周病、胃潰瘍など、さまざまな病気を引き起こします。そのリスクは喫煙者のみならず、周りにいる人(受動喫煙)にも及びます。
毎年5月31日はWHO(世界保健機関)が定める「世界禁煙デー」です。自分自身や、身近な大切な人の健康を守るために、世界禁煙デーをきっかけに禁煙をはじめましょう。

禁煙を成功させるために、あらかじめ「動機(禁煙しようと思った理由)」を挙げておきましょう。
例えば
・自分と家族の健康を守りたい
・たばこ代を節約したい
・息切れせずに階段を上りたい
・タバコ臭さをなくしたい など

「イライラする」「たばこが吸いたい」といった離脱症状は禁煙開始後2~3日でピークを迎えます。その後、症状は緩やかに10~14日ごろまで続きます。
「たばこが吸いたい!」という気持ちが出た時の対処を覚えておきましょう。
例えば
・顔を洗う
・歯磨きをする
・軽い運動をする
・歌を唄う
・深呼吸をする
・水やお茶を飲む など

暮らしの情報 5月9日 誰もがかかりうる5月病

新年度を迎え、新社会人をはじめ転職や異動など、新しい環境で仕事を始める人も多いでしょう。
しかしゴールデンウイークを過ぎてひと段落する頃から、にわかに「やる気が出ない」「ふさぎこむ」という症状が現れる人がいます。俗にいう「5月病」です。

「5月病」の多くは一過性の症状であり、適度な休息などで改善されることがほとんどです。ただし、会社や仕事が苦痛に感じるなど、仕事に支障が出るような重症の場合は早めに医療機関を受診しましょう。
「5月病」は正式な医学用語ではありません。医療機関では「適応障害」「軽度のうつ」といった診断名がつけられることもあります。

5月病になる原因とは何でしょうか。

①新しい環境についていけない 
②新しい人間関係をうまく築けない
③思い描いていた理想と現実のギャップが埋められない
④入社がひとつのゴールとなってしまい、次の目標を見失う

下記の習慣を心がけて、五月病の予防をしましょう

・会話でストレスを解消しましょう
・「主食・副菜・主菜」を組み合わせた、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう 
・質の良い睡眠をとりましょう
・オフの日は自分の好きなことに時間を費やし、仕事のことは忘れましょう