暮らしの情報 3月21日 肌荒れ・ニキビ

不規則な生活やストレスなどで「肌がかさつく」「ニキビが悪化した」など、肌トラブルに悩んだことはありませんか。
肌は身体の内側で作られているため、身体の健康状態がそのまま表れます。春先は気候の変化などから体調が不安定になりがちです。

肌荒れ・ニキビを招く主な原因

①食生活の乱れ
②便秘
③睡眠不足
④喫煙
⑤ストレス

下記の習慣を心がけて、肌荒れ・ニキビ対策をしましょう

【食事編】

・身体を作るタンパク質を基本とした、バランスの良い食事を心がけましょう
・海藻類(ひじきや昆布)やキノコ類に含まれる食物繊維、発酵食品(乳酸菌を含むヨーグルト)を取り入れて、腸内環境を整えましょう
・タンパク質や糖質、ビタミンCを取り入れて、ストレスに強くなりましょう

【生活編】

・成長ホルモンのスムーズな分泌のために、しっかりと睡眠をとりましょう
・適度な運動を取り入れましょう。ストレス解消のほか、便秘の改善、寝つきが良くなるといった効果も得られます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です